スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒れる時は前のめり

引越しのドタバタが一段落ついたので、とりあえず。

一部の人にはすでに連絡しましたが、8月26日をもって会社を辞め、
地元へ戻ってまいりました。

(正式にはまだ有給中ですが)


んまあ、転職の理由はいろいろありますが、、、
ここでゴタゴタ言ってもしょうがねぇし、
とにかく、決めたからには前に進むのみ。

死ぬ時に後悔することが、少しでも減るよう、

「倒れる時は前のめり」の精神

「対岸に渡れば爆釣」の精神

「餌は最大釣果分用意する」精神

「ルアーの色は迷ったら両方買う」精神

「仕事と釣りで迷ったら仕事を諦める」精神

で頑張ります。
スポンサーサイト

ハンマーヘッド

こんばんわ。
人の親になったものです。

ネシアから帰国して日本滞在中。
赴任は無くなったのですが、まだしばらくはこんな感じみたいです。
無事、子供も生まれたし、とにかく家族と居れる時間がほしいと思う今日この頃。

8月9日 三重県志摩市和具沖
P1050047WS.jpg

家族と居たいんちゃうんかいw
というツッコミは聞き流しつつ、今年もピンさんの船でシイラ狩りです。
あ、相方も昨年同様クボッチ。

オフショアのシイラということで外すことはないだろうと思ってましたが、
結果から言うと、釣れたのは鳥2羽www
1439123199628ML.jpg

でまあ、見事に裏切られました。
朝方こそ、バイトはあったが9時過ぎた頃から魚影すら見えず。。。
クボッチはいつものTDペンシルで数匹キャッチするものの自分は完ホゲ。

そうそうにサバ釣りへチェンジ。
KIMG0045ML.jpg
P1050057ML.jpg

こちらは、ライトジギングで安定の入れ食い。
相変わらずの単純労働で締めた魚の血をバケツで流しながらふと海を見ると巨大な黒い影が。
P1050059WS.jpg

この独特な頭の形は、、、
シュモクザメやん!

知らない人のために、コレです。

clip_image002.jpg

最初に船の周りをウロウロしてたのは体長1メートルくらい。
ルアーを投げるとジャレついてくる。

あんなもん掛けたら大変なことになるので大慌てで回収するが、
クボッチがサバの頭をルアーに付けて投入www
すぐさまバイト!!も合わせてと同時に竿に重さが乗る間もなくブレイク。
しかし、ニヤニヤして妙に楽しそう。

しかも、何度か餌を放り込んでいるうちに2m級もうろつき始め、
このころから、照りつける太陽光線に頭をやられたのか、
「んじゃ、俺もちょっとやってみようかな。」

この釣りのコツはおそらく獲れるサイズを選んで掛けることであろう。
いくら20kg青物対応の竿とは言え2m級とかは完全に「アカーン!」なサイズと思われます。

そしてペンシルベイトのリアフックにサバの頭を付けて1m級を目がけて投入。
すぐさま餌に群がる2m級3匹。

え?!

ガバッ!ゴボ!

「アカーーーーン!」

餌を回収する間もなく2m級ヒット!
一瞬見たことないくらい竿が曲がって、魚が首を一振りしたところでバラシ。助かった。。。
見るとカルティバのST66 2/0が伸びてました。

今度はジグ用のシングルフックに三枚におろしたサバの切り身を付けて投入。
ヒラヒラと水中を舞うサバフィレに向かって、黒い影が右に旋回しながら回り込んでバイト。
良く見えなかったが合わせを入れて竿の感触を確かめる。
今度の大きさはどうか?と考える間もなく

ジーーーーーーーー!!

「やっぱりアカーーーーーン!!!」

フルベンドするヒラマサロッド!
甲高い音をたてて唸りをあげるドラグ!
アドレナリン全開放出でテンションMAX!

でしたが、ほどなくしてラインブレイク。
歯とあの独特な頭に擦れてリーダーから切れました。
そりゃ、あんな頭やと口のどこに掛っても擦れるわなw

危険から解放された安堵と魚に逃げられた悔しさが入り混じった、
巨大魚にブチ切られた後の特有の清々しさwww
これ解かる人は変態です。

後は終わりがけに本命でお茶を濁して終了。
P1050066ML.jpg

以上、来年は志摩沖にGTタックル持ち込むつもりのHDでした。

ロッド:天龍スパイクYellowTail SK802-50YT
リール:シマノ013ステラSW8000HG
ライン:ヨツアミG-soul SUPER JIGMAN X8 3号
リーダー:バリバスナイロンショックリーダー80lb
ルアー:サバ切り身

ロッド:天龍スパイク SK702M
リール:シマノ09ツインパワーSW6000HG
ライン:DUEL ハードコアーX8 2号
リーダー:バリバスナイロンショックリーダー40lb
ルアー:ブリッツ(12センチ)
     ジグ65g

ロッド:天龍ジグザムVⅡ571S-4
リール:シマノ09ツインパワーSW8000HG
ライン:DUEL ハードコアX8 3号
リーダー:フロロ50lb
ルアー:メタルジグ135g

人生の教訓

こんにちわ。
2015年日本滞在、延べ45日目の者です。

行ったり来たりで2013年からネシアにも延べで1年くらいは行ってますが、
もう最終的にはあっち住まなくていいらしいです。

せっかくあっちの釣りクラブの人とも面識ができたのにがっかり。。。
というか、すでにボート売ってステラ18000HGとか買ったのに、どうすんだよこれw
(カーペンターの竿も予約中)

とはいっても行き先とタイミングが変わるだけなんですが、とりあえず日本のみなさん、後2年くらいは遊んでやってください。
まあ、それも今年の夏を過ぎたらそんな暇ないかもですが。。。


で、インドネシアで「GT」を釣るという夢は遥かに遠のいてしまったわけですが、
日本にいる間に釣っておきたかった魚が「ヒラスズキ」。

ショアジギを初めてから何度かニアミスはあり、そのうち釣れるだろうと思っていたものの、中々ヒットにはいたらず、
今回、帰国中に釣れている情報を聞いて行ってまいりました。

2015年4月29日 和歌山県串本 通夜島
P1050024WS.jpg

確か天気予報では「晴れ」のはずでしたが、まさかの雨。まあ、尾鷲より南はこんなもんです・・・。
同行はいつものH田さんとカマさん。あ、原因はこの二人かw

今回利用したのは「浜勝渡船」。いかにもな渡船屋でなく、親切で当たりの柔らかい船頭さんで好印象。
こういうとことは、また使いたくなりますな。

いきなり発生した低気圧の影響で波高め、風強め。
上がれるところが限られるということで、最初は島の内向きの磯へ上がるものの、タプタプ磯でアタリなし。
2か所目で竿1本、荷物1個限定で表向きの磯へ。
玉網は3人で1本。これが失敗でした。

かなりいい感じのサラシが出来ているので、早速3人散らばってランガン。
固まって行動しないとランディングもできないし何より危険なんですが・・・
釣れそうな景色の連続にテンション上がりっぱなし。

自分は岬を3つ超えた先のワンドでコツンと初バイト。同じコースを通して2投目・・・

ガツン! ジーーーーーー!!

ついに人生初ヒット。根を交わしながらファイトするが中々寄ってこない。初ヒットでいきなりランカーサイズを掛けてしまった模様。
そうこうしながら足元まで寄せるとやはり80センチはあろうかというサイズ。
当然、抜きあげられないのでなんとか波に合わせてリーダーが届くところまでズリ上げ。
足元を波に洗われながらリーダーを掴んで引き上げる。勝利を確信しガッツポーズが出た瞬間。

バチン!!!

ルアーを付けたまま海に落ちていく魚。何が起こったのか理解できずにへたれこむ自分。
原因はこれ
P1050016ML.jpg
スナップが伸びました。
市販で一番大きいサイズを使ってましたが、まあ、考えてみれば当然。
青物はソリッドリングとスプリットリングでルアーを接続してるのに、
80センチのヒラなんて、普段釣ってる青物より全然重いもんな。。。

5分ほど気絶して、気を取り直して再びルアーを結ぶ。そして同じポイントに投入。

「やっぱりもういないか・・・」

足元まで来たルアーを回収しようとしたその時。

パッコーーン!

磯際ギリギリでヒット。ドラグは出たが難なく寄せて、今度は膝まで使って抱きかかえるようにランディング。
P1050017WS.jpg
初ヒラスズキ 67センチ 3.1キロ


P1050021WS.jpg

ヒットポイントはこんな感じでした。似た感じの場所は他にもありましたが、結局魚がいたのはここだけ。
P1050023WS.jpg

この後、少し間を開けて攻めてみましたが、波が高くなって足場まで近づけず終了。

自信の近況をなぞるようなこの展開。

推定80センチ = インドネシア
67センチ    = 次の出向のどこか

逃がした魚はデカイ。
しかし、諦めなければチャンスはまた来るのだと、教えられた1日でした。

上がった後はマグロカツくったり、
P1050025ML.jpg

H田さんの希望でお決まりのイカ残業。
車中泊して翌日は賀太でキスをやりましたが、良いとこなしで帰宅しました。
P1050026ML.jpg

以上、無くしたK2F(1個2700円)が地味に痛いHDでした。

タックル
ロッド:ヤマガ ブルースナイパー102M
リール:シマノ 09ツインパワーSW6000HG
ライン:DUEL ハードコアX8 2号 + ナイロンリーダー40lb
ルアー:タックルハウス K2F142 クリアHG・ピンクヘッド & クリアHG・アメジスト

リベンジ成功!

ご無沙汰してます。
空港で入国審査官に舌打ちされた者です。

久々のブログです。

2015年2月8日 スカルノハッタ空港近郊

前回釣りに誘ってもらった現地スタッフと、また釣り堀に行ってきました。
ずいぶん時間が経ってしまったので、半分くらい忘れとりますが。。。

P1040934ML.jpg
メンバーは前回と同じアディ、イルワンと日本から出張中だった琵琶湖バサーのH君。

自分的にバンドゥンはもう釣らなくていいので、ルアーオンリーで通した結果。

P1040935ML.jpg
クラップ 40センチくらい

P1040939ML.jpg
カカップ 50センチくらい

初めはなかなかヒットに持ち込めず苦労しましたが、ミノーをデッドスローで巻くと連発!
しかし、喰いが甘くてバラシも連発。とくにカカップはリアフック一本が多くて、何本も針を伸ばされてしまいましたが、
走る方向と逆に竿を倒してフロントフックもひっかけてやるとランディングできました。

P1040943ML.jpg

後は釣った魚で昼飯。ここの魚のスープがウマいという話でしたが、白身の魚をトマトスープにぶち込んだ結果、
魚の出汁は完全にトマトに負けてのトマトの味しかしませんでした。


んで、後は帰るだけなんですが、
P1040948WS.jpg
帰り道が水没!
たしかに途中で雨は降ってましたが、池から数キロの地点でこんなことになってたとは。

P1040949WS.jpg
そして子供の躍動感!

向かいから車は来るので突撃して無事通過できましたが、
レンタカー壊したらどうしようかとドキドキのHDでした。

タックル
ロッド:シマノ トラスティック S610-710ML
リール:シマノ 11ツインパワー4000XG
ライン:PE1.5号 + リーダー30lb
ルアー:ビーフリーズ78S(レッドヘッド)

爆釣インドネシア!

こんばんわ。
来年負け戦に赴く者です。

いや、まあ何が酷いって、仕事の話なんで詳しく言えませんが、
とりあえず今回の出張で判ったのは、このままだと完全に貧乏くじだなと。
そうならないよう努力はしますがね、
自分にも出来ることと、出来んことがありますんで・・・
わしは死にに行く旧日本軍かい。インドネシアだけに。
と思う今日この頃。

しかも、帰国しようと思ったら最初は、仕事終わらんのでで延期。
次はデモで空港へ行くのを断念して延期。
3回目にして飛行機には乗ったはいいが、インチョンからセントレアの便が
悪天候で欠航して成田経由で帰るというドタバタ。

まあ、これだけいろいろ続くとトラブル慣れしてあんまり驚かなくなりましたよ、ホント。

で、今回長期の出張で土日は暇な身分だったので、
今回現地スタッフに誘われ念願のネシアでの初釣りとなりました。

ネシア6回目にして初めてスーツケースに忍ばせていたパックロッドが役に立つ。
一体何が釣れるのワクワクしながら行ってきたわけです。

2014年12月7日 インドネシア スカルノハッタ空港近郊
P1040900WS.jpg

地図ではこんな感じ。
地図WS
平日夕方に帰国しようとすると3時間半かかるのですが日曜の朝ということで
1時間で空港まで来たが、道に迷ってその後が長かった。。。

狙いは「バンドゥン」という魚とのことだが、現地人に話を聞いても名前以外にわかる情報は

・釣り掘り
・海水

とこの程度。途中屋台で浮き釣りの仕掛けを見てると、これは持ってきた道具でなんとかなるかも。
そんなこと考えながら釣り堀に到着。
P1040902ML.jpg
周りはマングローブ生えてたり雰囲気はあるが、とにかく汚い。
トイレなんて小屋の隅に穴が開いてるだけやし。。。
これは女子、子供は無理ですな。

カゴ釣り用にかった飛ばし浮きに適当な錘をつけてハリス3号に伊勢尼針8号でスタート。
餌は・・・ドッグフード???
遠くでは雷がなって低気圧が接近中。
すぐに周りはボコボコ釣れ始めて、魚が釣れる時合いは世界中どこでも同じです。

ほどなく自分にもヒットしはじめ
P1040909ML.jpg

この日の最大バンドゥン。尾びれの先まで50センチ弱。
P1040912ML.jpg
シュッとしたワタカかボラみたいなイメージですか。カッコよくない。。。
でも見た目によらず引きは鋭くて、最後までしつこく抵抗するし、シイラのような体全体なげうつようなジャンプも見せたりと、釣って遊ぶにはなかなか面白いターゲットです。

ポンポンと続けて釣って、夢中になっててふと振り向くと少年が俺のカバン漁っとる!
焦って駆け寄るとハリスと針を持ってかれました。

キーーーー、油断ならん!!

そうこうしているうちにスコール到来。
P1040913ML.jpg

こういう時は自然に逆らわずに飯!
P1040914ML.jpg
ロウニンアジみたいな焼き魚旨かったです。釣ったバンドゥンも出たけど、マズからずウマからず・・・・

P1040917ML.jpg
で、カニが釣れるハプニングも。

雨があがって少々飽きてるともっと大きいの釣らないかということで池を変更。
P1040922ML.jpg

釣り堀のオーナー曰く、「この池は2kgまでのカカップだ。ルアーで釣れる。」
というのだがカカップて何?

魚が判らんのでルアーも何が良いのか全くわからん。
手持ちのルアーをローテして当たりを探る。

しばらくしてレッドヘッドのミノーを投げていると突然強烈なアタリ!


ドスン!ジーーーーーーーーーーー!!!

バスタックル程度のパワーの竿にPE1号では全く止められない。
おいおい、2kgなんてもんじゃねーぞこれ(汗)

糸を出しつつ反撃のチャンスを待っていると案外早く魚が止まり、
後は時間をかけて足元まで寄せると、とうとうリーダーが見えて来た。
「もらった!」と思った次の瞬間、

バシャバシャバシャ・・・

ヤバいと思うのもつかのまルアーが宙を舞い無念のバラシ。。。針伸びてました。

その後も同じルアーにアタリはあるが、口が堅いのかフッキングしない。
炎天下で根性で投げ続けるも、そろそろ帰りの渋滞がヤバいなと思っていたころに再ヒット!
今度はさっきより小さいようで楽々ランディング。

か、カッコいいぃ!!
P1040924ML.jpg

ネシアでやっとこさカッコいい魚が釣れて写真を撮りまくる。
P1040926WS.jpg

ここで誘ってくれたK氏、
じゃ、HD君満足したみたいやし帰ろうか・・・

ということで、みんな、私を待っていたようで記念撮影して帰宅。
P1040929ML.jpg

以上、ネシアでも空気読めないHDは健在でしたw

タックル
ロッド:シマノ トラスティック S610-710ML
リール:シマノ 11ツインパワー4000XG
ライン:PE1号 + リーダー30lb
仕掛け: とばし浮き + ハリス3号 + 伊勢尼8号 + ドッグフード(?) 
      ビーフリーズ78S(レッドヘッド)

*追伸
後日、最後の魚はカカップではなくクラップということが判明。
ただし、カカップ=タイ、クラップ=ハタ、程度の分類なので、いずれにしても正確な名前はわからんですが。

とりあえず、正体が根魚ということでワームを使ったらもっと釣れそう。
なんとかしてバス用のベイトタックルを持ち込もうと画策中です。
伊良湖タイドグラフ
プロフィール

sekainoHD

Author:sekainoHD
犬山市の浚渫大好きバス(バカ)アングラー。ディープホールは北壁派。「今しか出来ない釣りをする」がモットーです。

FC2カウンター
Twitter...

Twitter Reload

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お勧めSHOP
釣具屋でバイト経験のあるHDのお勧めSHOPです

割引無しのテクナは楽天で買えばポイント還元
ナチュラムフィッシング
WEBでは最安値連発!安いことはいいことだ
BASS-STOP
店長の知識がハンパ無い、一宮のSHOP.カスタムロッド製作も
釣り人のおススメ1
辺境の地への遠征も大丈夫!会社を選ばないガソリン代キャッシュバック。高速代も対象。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。