スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングレジェンド

あの人が東京から帰ってきたらしいです。

誰かって?

ラインブレイクの生きる伝説といえばこの人
フォト

元祖ゴリマッチョHプロ。崖から転げ落ちる車内から手をだして車を支えようとした・・・等、信じられない伝説を数々持つこの人、自分も学生時代に何回も水中に突き落とされました。
仕事の都合で知らない間に東京を離れ現在大阪在住です。
先週は七色ダム、今日は琵琶湖、来週からはマスターズ戦の為、三瀬谷ダムへプラに入ると楽しそうに語ってました。関西に帰って水を得た魚のように釣り行きまくってます。失礼ながら会社的にこの配置は失敗かと思いますが・・・。

6月20日
そんなプロと南湖へ出撃。

水温21度 放水25t

ほぼ終日曇天無風と天候はベストですがどうなるか。

とりあえず今週も最初に浚渫をチェックしに行くと、ごく少量のベイトフィッシュの群れを確認。まだ早いかと思いつつラバージグを投入すると40後半の魚がヒット!

が、取り込み前にバラシ・・・
今年は季節の進みが遅いがやっと反応が出始めました。フィーバーは間近か?

その後、色々な釣り方でポツポツ釣れるがこれと言うものも無く、昼からは通り雨的に土砂降りの時間も。

そんな中プロがヘビダンで数を重ねるを見て自分もヘビダンにチェンジすると。
フォト
具はマルチスティック5.5インチ。

これが激ハマリで、その後立て続けに2発の後、

ドッバーン!バッシャーン!

と強烈な引きに耐えてあがったのは
フォト
フォト
50センチ2,040グラム

このほれぼれするようなコンディション!
長さ的には50センチちょうどでしたが、アフター回復でメチャメチャ引きました。

直後にも40アップを掛けるもバラシで、後は先回と同じく強風で終了。
パッとしない展開でしたが、気づけばトップからライトリグまでいろんな釣り方を楽しめ、数も後一歩で2桁。締めはゴーマルとなかなかの一日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

伊良湖タイドグラフ
プロフィール

sekainoHD

Author:sekainoHD
犬山市の浚渫大好きバス(バカ)アングラー。ディープホールは北壁派。「今しか出来ない釣りをする」がモットーです。

FC2カウンター
Twitter...

Twitter Reload

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お勧めSHOP
釣具屋でバイト経験のあるHDのお勧めSHOPです

割引無しのテクナは楽天で買えばポイント還元
ナチュラムフィッシング
WEBでは最安値連発!安いことはいいことだ
BASS-STOP
店長の知識がハンパ無い、一宮のSHOP.カスタムロッド製作も
釣り人のおススメ1
辺境の地への遠征も大丈夫!会社を選ばないガソリン代キャッシュバック。高速代も対象。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。